テルモが受託製造する骨粗鬆症治療剤が製造販売承認を取得 薬剤充填用注射器「PLAJEX」で、簡便な投与に寄与

2019年9月20日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、旭化成ファーマ株式会社から製剤の製造を受託した「テリボン?皮下注28.2?オートインジェクター」が製造販売承認されたことをお知らせいたします。本製品は骨粗鬆症の治療薬で、100%子会社のテルモ山口DD株式会社が製造します。

 本製品はテルモの薬剤充填用注射器「PLAJEX」に薬剤が充填されています。さらに、注射器を皮膚に押し当てるだけで薬剤が注入される「オートインジェクター」という機構を備えており、1回の使い切りで簡便に投与ができる仕様です。注射器の材質やテルモの無菌充填技術が製剤設計をする際に評価され採用されました。

 テルモは、薬剤と医療機器を掛け合わせることにより、新たな治療の選択肢を提供いたします。今後も、製薬企業のニーズに応えるアライアンス事業を拡大し、医療に貢献してまいります。

  • 20190920-01.jpg

    テリボン?皮下注28.2?オートインジェクター

  • 20190920-02.jpg

    薬剤充填用注射器「PLAJEX」

※2019年9月20日付け 旭化成ファーマ株式会社プレスリリース:「テリボン 皮下注28.2μgオートインジェクター」の製造販売承認取得について

https://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2019/me190920_2.html

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P
手机在线电影/中文 有码 亚洲 自拍 偷拍/jizzjizz/亚洲自拍偷拍